きゃりーぱみゅぱみゅ、「一緒に寝ようよ」発言で大炎上➝その衝撃的すぎる証拠写真がこちらww

炎上

皆さんはきゃりーぱみゅぱみゅ氏を知っていますか。

日本を代表するアーティストであり、世界でも活躍しており、世界中にファンを抱えている人物ですよね。

そんな日本を代表するアーティストの1人であるきゃりーぱみゅぱみゅ氏が衝撃的な発言をしたということで今回はその話題についてお話していきたいと思います。

 

 

きゃりーぱみゅぱみゅの発言について

 

では本題に入っていきたいと思います。

きゃりーぱみゅぱみゅ氏に一体何があったのか。

記事を見てみると、

 

事の発端は14日、海外在住と思われるTwitterユーザーが『きゃりーぱみゅぱみゅが「小児性愛者」であることを知らせなければなりません』といった内容で投稿したツイートでした。そこには、当時12歳のダンサーの男の子に対するきゃりー氏の発言や、送ったとされるメッセージのスクリーンショットが添付されています。
メッセージには『今日は一緒に寝ようよ~』『今日だけ抱っこして寝てもいい?』などといったきゃりー氏の発言があり、これらが小児を対象とした性愛・性的嗜好であるペドフィリアであると指摘されたのでした。
また、きゃりー氏の同ダンサー男児への問題発言はこれだけにとどまらず、過去のツイートを見てみると『可愛い抱きしめたい』『無理矢理抱きしめたら嫌がるPちゃん(12歳男子)』『Pちゃんを抱きしめたら拒絶されたもう生きる希望がない』『どさくさに紛れてPちゃん(中1の思春期のダンサー)といっぱい手繋げた』『今日こそはPちゃん抱っこしながら寝たいなあむにゃむにゃ』『Pちゃん(12歳男子思春期)が可愛い過ぎて辛い抱きしめてますなうちゅーしたいちゅゅうぅう』とかなりご執心な様子が見受けられます。

引用元:https://news.nicovideo.jp/watch/nw6315756

 

 

 

 

 

 

 

とのことでしたが、

「一緒に寝ようよ」

はさすがにまずいですよね。日本では女性による性犯罪はほんとに甘く見られがちですが、被害者の気持ちを考慮すると、とてもつらいですよね。

 

さらに、

 

『どさくさに紛れてPちゃん(中1の思春期のダンサー)といっぱい手繋げた』

『今日こそはPちゃん抱っこしながら寝たいなあむにゃむにゃ』

『Pちゃん(12歳男子思春期)が可愛い過ぎて辛い抱きしめてますなうちゅーしたいちゅゅうぅう』

 

この当たりの発言からも只ならぬ愛が伝わってきますよね。

 

 

 

 

 

問題の写真がこちら

次に発言だけでなく、ペドフィリアであることが分かる写真をご紹介します。

 

 

 

 

もう色々とアウトですよね。

発言もそうですけど、写真からもこの上ない愛情表現をしているきゃりーぱみゅぱみゅ氏が伝わってきますよね。

 

 

 

 

 

ネットの反応

最後にネットの反応をご紹介していきます。

 

むしろ何故日本で燃えなかったのかわからんけど。人権意識の差か

 

本人もそこまでおぞましいことをしたという認識すらないだろうな

 

きゃりーに性的加害の意志があったかどうかということではないんだよね。公の場で口にしていいことの価値基準がズレすぎてるんだよ

 

ネタにも出来ないガチアウトなことやってて真顔。オジサンが若い女性にクソLINEで“一緒に寝ていい?(笑)”ってやるのと同じ

 

などと様々な意見が寄せられていました。

皆さんはどうお考えですか。

 

 

 

 

 

まとめ

いかがでしたか。

今回はきゃりーぱみゅぱみゅ氏の発言が炎上した件についてお話させていただきました。

日本でも今後こういった内容については厳しく取り締まって欲しいと感じました。

きゃりーぱみゅぱみゅ氏が反省して謝罪してくれることを願っています。

 

 

それでは今回はこの辺で!

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました