バロンドール昨年度受賞のモドリッチ、式典後のメッシに対する発言に賞賛の嵐???

サッカー

皆さん、バロンドールという賞をご存知でしょうか。

バロンドールとはヨーロッパの年間最優秀選手に贈られるサッカー選手として最も栄誉な賞のことです。この賞の受賞者にはロナウドやベッカム、ロナウジーニョ、最近ではクリスティアーノ・ロナウド、メッシなどのスーパースターが受賞しています。

今回はそんなバロンドール受賞で起きた出来事についてお話していきたいと思います。

 

バロンドールとは

まず、バロンドールという賞についてもう一度説明していきます。

 

バロンドール(仏: Ballon d’Or)は、1956年にフランスのサッカー専門誌「フランス・フットボール」が創設したヨーロッパの年間最優秀選手に贈られる賞である。”Ballon d’Or”はフランス語で「黄金の球」という意味で、受賞者には金色のサッカーボールを模したトロフィーが贈られる。2010年度より、それまでFIFAが選出していた「FIFA最優秀選手賞」と統合され「FIFAバロンドール」として表彰されるようになった。しかし2016年をもってFIFAの提携を解消し、同年より独自表彰が復活した。

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/バロンドール

 

というように、ヨーロッパの年間最優秀選手に贈られる最も栄誉のある賞のことです。

前年はレアル・マドリードに所属するクロアチア代表MFルカ・モドリッチが受賞しました。

数々のメンツの中でこの賞を受賞することがどれほど難しい事か皆さんにもお分かりいただけましたか。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Lionel Messi is the 2019 #ballondor winner 🤚☝️

Ballon d’Or(@francefootball)がシェアした投稿 –

 

 

今年のバロンドールは誰の手に

では次に今年のバロンドールは誰の手に渡ったのでしょうか。

今年は…

 

 

 

 

【バルセロナ所属のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ】

 

 

が受賞することになりました。

これで史上最多6度目の受賞となるメッシですが、

プレゼンターには前年の受賞者、レアル・マドリー所属のクロアチア代表MFルカ・モドリッチが登壇し、トロフィーを授与した。

式典後、モドリッチは自身のツイッターを更新。メッシにトロフィーを渡した場面の写真とともに、「スポーツとフットボールは、決して勝利することだけがすべてではなく、チームメートとライバルを尊重することも含まれる」と発信した。

ライバルを心から祝福するその姿に、サポーターは「真のスポーツマンとは君のことだ」「素晴らしい」「心からあなたをリスペクトする」と称賛を送り、ライバルクラブであるバルサの公式ツイッターは「あなたこそ真の紳士だ」とコメントを送っている。

引用元:https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=67361

とあるように、前年度受賞者のモドリッチから手渡され、式典後のモドリッチのTwitterでの発言から、本来のスポーツマンとしての相手を尊重するという姿勢を貫く姿勢には本当に感動しました。

サポーターのこのコメントからもモドリッチのスポーツマンとしての在り方はサポーターだけでなく、他の選手たちにも心に刺さる内容となったのではないでしょうか。

 

もっとこのようなスポーツマンシップに乗っ取った行動ができる選手が増えればサッカー界ももっと盛り上がるのではないでしょうか。

 

2019年バロンドール受賞候補はどんな選手がいたの?

2019年バロンドール受賞候補は以下の通りでした。

サディオ・マネ(リヴァプール/セネガル)
セルヒオ・アグエロ(マンチェスター・シティ/アルゼンチン)
フレンキー・デ・ヨング(バルセロナ/オランダ)
ドゥシャン・タディッチ(アヤックス/セルビア)
ウーゴ・ロリス(トッテナム/フランス)
キリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン/フランス)
トレント・アレクサンダー=アーノルド(リヴァプール/イングランド)
ドニー・ファン・デ・ベーク(アヤックス/オランダ)
ピエール=エメリク・オーバメヤン(アヤックス/ガボン)
クリスティアーノ・ロナウド(ユヴェントス/ポルトガル)
アリソン(リヴァプール/ブラジル)
マタイス・デ・リフト(ユヴェントス/オランダ)
カリム・ベンゼマ(レアル・マドリー/フランス)
ジョルジニオ・ワイナルドゥム(リヴァプール/オランダ)
ビルヒル・ファン・ダイク(リヴァプール/オランダ)
ベルナルド・シウバ(マンチェスター・シティ/ポルトガル)
ソン・フンミン(トッテナム/韓国)
ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン・ミュンヘン/ポーランド)
ロベルト・フィルミーノ(リヴァプール/ブラジル)
マルク=アンドレ・テア・シュテーゲン(バルセロナ/ドイツ)
リオネル・メッシ(バルセロナ/アルゼンチン)
リヤド・マフレズ(マンチェスター・シティ/アルジェリア)
ケヴィン・デ・ブライネ(マンチェスター・シティ/ベルギー)
カリドゥ・クリバリ(ナポリ/セネガル)
アントワーヌ・グリーズマン(バルセロナ/フランス)
モハメド・サラー(リヴァプール/エジプト)
エデン・アザール(レアル・マドリー/ベルギー)
マルキーニョス(パリ・サンジェルマン/ブラジル)
ラヒーム・スターリング(マンチェスター・シティ/イングランド)
ジョアン・フェリックス(アトレティコ・マドリー/ポルトガル)

引用元:https://www.goal.com/jp/ニュース/2019年バロンドール候補の30選手発表cl優勝リヴァプールから最多の7選手/1e7ktc6u09cvx1unlb22726pve

 

 

まとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ballon d’Or(@francefootball)がシェアした投稿


いかがでしたか。

メッシにとっては6度目のバロンドール受賞となりましたが、他にも注目の選手がたくさんいますので、2020年にも海外サッカーに注目したいですね!

今後のサッカー界も期待しましょう。

 

 

 

それでは今回はこの辺で!!!

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました