全日本大学駅伝、東海大学が逆転V! その心境は?

今回は全日本大学駅伝についてのお話をしていきたいと思います。

3日の今日、名古屋市の熱田神宮から出発して、三重県伊勢市の伊勢神宮までの8区間、距離でいうと106.8キロのコースで行われました。

さて、今回の駅伝ではどの大学が優勝したのでしょうか。

早速見ていきましょう。

 

 

全日本大学駅伝対校選手権大会

第51回全日本大学駅伝対校選手権大会(日本学生陸上競技連合、朝日新聞社、テレビ朝日、メ~テレ主催、長谷工グループ特別協賛)は3日、名古屋市の熱田神宮から三重県伊勢市の伊勢神宮までの8区間106.8キロであり、東海大が2003年の第35回大会以来となる2度目の優勝を果たした。東海大は4区の西田壮志(3年)が区間最高となる快走で2位に押し上げると、5区の市村朋樹(2年)がトップに躍り出た。7区で青学大に一度は逆転を許したが、最終8区の名取燎太(3年)が再び先頭に立って、ゴールテープを切った。連覇を狙った青学大は2位、3位は駒大だった。

引用元:https://www.asahi.com/articles/ASMC3458CMC3PTQP01H.html

上記の記事にもあるように東海大学が終盤の粘り強さを発揮し、見事逆転優勝を果たしました。

しかも箱根駅伝4連覇を達成した青山学院大学を振り切っての優勝ということで大いに盛り上がりましたよね。

東海大学は今年の箱根駅伝を制してから、状態としてはすごくよかったですから、今回の優勝候補にも挙げられていました。

また、来年の正月に行われる箱根駅伝も2連覇がかかっているので、今とても注目したい大学の1つだと思います。

 

さらに、

 

全日本大学駅伝対校選手権大会 順位

  1区は城西大がトップで滑り出し、2区は東京国際大の伊藤達彦(4年)が1位でタスキリレー。3区では東洋大の相沢晃(4年)が区間新記録の走りで首位を奪ったが、5区で東海大がトップへ浮上。7区終盤に前回覇者の青学大が東海大をかわして1位で最終8区へつないだが、東海大のアンカー名取燎太(3年)が首位を奪い返し、逃げ切った。
4位に東京国際大が入り、5位東洋大、6位早大、7位国学院大、8位帝京大。8位までが次回のシード権を獲得した。

引用元:https://www.yomiuri.co.jp/sports/etc/20191103-OYT1T50126/

と、記事にもあるように今回の大会で次回大会のシード権を獲得した大学に関しても錚々たる顔ぶれが登場しています。

よって、次回の全日本大学駅伝もより一層楽しみですね。

 

いかがでしたか。

今回は全日本大学駅伝対校選手権大会についてのお話をさせていただきました。

今後の駅伝界にも注目ですね!

 

それでは今回はこの辺で!!!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました