タイガーウッズ、ZOZOチャンピオンシップで躍進?気になるその結果とは

今回はZOZOチャンピオンシップでのタイガーウッズ選手の活躍についてお話していきたいと思います。

タイガーウッズ選手といえばゴルフ界を代表する、いわば生ける伝説のような人ですよね。

そんなタイガーウッズ選手が約13年ぶりに日本へ来日するということですから、日本国民のしかもゴルフファンにはたまらないですよね。

そんなタイガーウッズ選手の初日はどうだったのでしょうか。

 

タイガーウッズ ZOZOチャンピオンシップ

ZOZOチャンピオンシップ第1日(24日、千葉県習志野CC=7041ヤード、パー70)日本初開催のPGAツアーで日本との共催大会。13年ぶりに日本での大会に出場したタイガー・ウッズ(43)が9バーディー、3ボギーの6アンダー64で回り、ゲーリー・ウッドランド(35)=ともに米国=と並び首位発進した。松山英樹(27)=LEXUS=も5アンダー65で首位に1打差の3位と好発進。10億円超の賞金総額を巡り4日間、海外と日本のトッププロが予選落ちなしで争う。
1万8536人。日本ツアーの初日としては記録が残る1985年以降、史上最多のギャラリーが詰め掛けた。視線の先にはやはりこの男、ウッズ。役者が違う。13年ぶりの日本で、いきなりトップに躍り出た。

引用元:https://www.sanspo.com/golf/news/20191025/pga19102505040002-n1.html

 

といった記事を見つけました。

いやー、もう規模が違いますよね。僕もゴルフをしますが、1バーディとれたら上出来というくらいなのに、タイガーウッズ選手は9バーディって(笑)

日本の松山英樹選手もタイガーウッズ選手に負けず劣らずの展開でしっかり3位につけていますね。

今回の賞金総額が10億円で、しかもタイガーウッズ選手が日本に来るのが実に13年ぶりということもあり、ギャラリーの数も桁外れに多いですね。

今後、タイガーウッズ選手を生で見れる機会があるか分からない状況なので是非とも生で観戦してみたいですよね。

 

また、

 

小平智

タイガー・ウッズとのラウンドが実現した。小平智は3バーディ、2ボギーの「69」でプレー。1アンダー14位で初日を終えた。「64」をマークして6アンダーと会心の首位発進を切った“憧れの人”のプレーをその目に焼き付けた。

「組み合わせの発表があってから、憧れの人と回るのってどんな感じなんだろうって。未知の世界というか、ずっと緊張していたんですけど、初めの3ホールくらいはすごく緊張した」と、小平は出だしの2ホールをボギーとした。一方、10番で第1打を池に入れるなど、出だしを3連続ボギーとしたウッズを見て、「タイガーでもああいうことがあるんだなと思った」としみじみと語った。

引用元:https://news.golfdigest.co.jp/news/pga/article/109351/1/

 

という記事にもあるようにタイガーウッズ選手とラウンドを実現させた小平智選手がタイガーウッズ選手のプレーを見て、その多くを学んだのではないでしょうか。

憧れの人を目の前にして自分のプレーができる小平選手も凄いですが、多くのプレッシャーの中で結果を残すタイガーウッズ選手はやはりさすがというべきではないでしょうか。

 

 

いかがでしたか。

まだまだツアーは始まったばかりなので分かりませんが、今後の選手たちの活躍に期待したいですね。

 

それでは今日はこの辺で!

コメント

タイトルとURLをコピーしました